5時起き!東海道線朝の始発 初のグリーン車の座り心地【平成最後の18切符 #6 戸塚→沼津】

この発車標を見てください。

 f:id:sangen03:20190331055432j:image

午前5時58分!春なので陽は既に出ていますけど、今までこんな時間の列車に乗ったことはないです。

 

私はこの列車に乗るために5時ごろに起きて、戸塚駅に6時前に着きました。なぜなら、今日は岐阜駅まではこの予定を完遂させるからです。

 

f:id:sangen03:20190326231151p:plain
ジョルダン乗り換え案内より)

 

今待っている5:58の列車は、東京駅始発の東海道線列車では始発列車にあたります。(実際にはこれよりも先に品川始発の電車もありますが)東京駅を5時20分に出て、横浜を5時48分、大船6時4分、平塚6時20分、小田原6時45分、熱海7時10分と止まり、最終的には沼津に7時27分に到着します。この列車は、平塚駅サンライズ出雲・瀬戸とすれ違います。

 

f:id:sangen03:20190331061532j:image

初の青春18きっぷで西日本へ、始動。

 

グリーン車に課金

f:id:sangen03:20190331062708j:image

ここで、グリーン車に課金しました。なぜ横浜駅からのときには使わずこの日に使ったかというと、この日は日曜日で、グリーン車料金が少し安くなるからです。料金は780円(事前料金)です。

 

グリーン車に乗る理由は、関西のAシートと比較するためでもあります。グリーン車からしょうがないとは思いますが、やはり高いですね。

 

f:id:sangen03:20190331063012j:image

係員が切符を見ると、このようにランプが点灯します。これが今席に座っていることの証拠です。

 

車内には、私と同じく18きっぱーと思しき人も結構いました。平塚に着く頃には、ところどころ空席はあるものの、ほとんど席は埋まっていました。

 

グリーン車座席・設備紹介

 

f:id:sangen03:20190331070003j:image

グリーン車には、4号車と5号車の間にトイレが付いています。青春18きっぷのたびにおいて、トイレにはほとんど行ける機会というのがありませんので、ありがたいですね。

 

f:id:sangen03:20190331062027j:image

グリーン車は、このボタンを押すことでかなり座席が倒れますし、足も快適に伸ばすことができます。

机やドリンクホルダーもあるので、ここで朝食といたします。

 

f:id:sangen03:20190331061717j:image

はい今日の朝ごはん〜〜〜!(瀬戸さん風)

梅干しおにぎり・トルティーヤ照焼きチキン・ランチパック

戸塚駅橋上改札のNewDaysは5時から開いているので便利ですね。

 

朝かなり早いので、平塚駅サンライズ瀬戸・出雲に追い抜かれるダイヤだったらしいですが、その様子はよく見えませんでした。

 

f:id:sangen03:20190331064430j:image

グリーン車(12, 15両編成)はこの付近に止まります」@鴨宮駅

12両編成の東海道線ってありましたか?ないですよね?我々からしたら何を言ってんだと思いますが、昔は実際にそういう運用があったんでしょう。

湘南ライナーとはまた違いますよね?この駅は各駅しか止まらないはずですから。

 

f:id:sangen03:20190331065035j:image

早川〜根府川間で撮った写真。この辺りでは、東に昇る朝日を見ることができます。その光の線が海に反射して、本当に朝焼けが綺麗ですね。これこそサンライズといった感じ。

 

さて、丹那トンネルを抜け、三島の次は、もう沼津です。ここで、静岡区間を楽にするであろう、ある列車に乗り換えます。

 

連載記事の紹介【平成最後の18切符シリーズ】

この記事は、平成最後の18切符シリーズの連載記事です。ぜひ他の記事もご覧ください。第一回に、全ての記事へのサイトマップがあります。

sangen03.hatenablog.com